toggle
2018-01-17

「深み色のカラーリングで落ち着いた大人のweddingスタイル」判治ミホ連載79

 

「深み色のカラーリングで落ち着いた大人のweddingスタイル」スタイリスト判治ミホのwedding story book 79

1801

スタイリスト的な視点からフォトジェニックなウエディングを提案してきた判治ミホが、ふたりらしいウエディングをつくるための簡単アイデアとヒントをご紹介。
ディープトーンのカラーリングで作るテーブルコーディネート。テーブルクロスの色合わせや、ダイナミックな装花アレンジで、シックでいながらリュクスなデコレーションに。大人なふたりのおもてなしスタイル。

①テーブルクロスの色合わせで
テーマに合ったふたりらしいコーディネートに

会場の中の多くの面積を占めることになるゲスト卓。テーブルクロスの色選びで、会場全体のイメージを好きなようにスタイリングすることができます。
色合わせと言われても、どうしたらいいか難しく思うかもしれませんが、広告やパッケージデザインなど、身近なもので自分の好みに合ったものを探してまねしてみるなど、何かを参考にすると難しくなく、取り入れやすいかも。

②ディープカラーの配色とプラスアルファのアイテムで
大人のこなれ感を出す

たっぷりしたドレープのブラウンのクロスにゴールドのフリンジとダークレッドのベルベットを重ねて。暖色系でトーンの違うものを合わせた配色で、ワンランク上のコーディネートに。

③花器からはみ出すボリュームの
ダイナミックなアレンジが最旬

元の花器のサイズがわからないくらいに、大きく大胆にアレンジされた装花。横に大きく膨らんだラフなアレンジが今どきっぽくておしゃれ。

④カラーキャンドルを差し色に使って
思い通りのカラーリングを作る

ゴールドフリンジのクロスの色に合わせて、イエローのキャンドルをセレクト。クロスとの色のリンクでまとまりのある落ち着いたコーディネートに。

⑤テーマ感を出すためにも使える
ペーパーナプキンを席札にするアイデア

グリッター感のあるシールを貼ってスペシャルな席札に。一つ一つに掛ける手間もおもてなし。

本文引用:
「深み色のカラーリングで落ち着いた大人のweddingスタイル」スタイリスト判治ミホのwedding story book 79

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です