toggle
2017-01-24

「軽やかにつくる“可愛い和”」のテーブルコーデ」判治ミホ連載56

「軽やかにつくる“可愛い和”」のテーブルコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book56

ゼクシィアプリ連載、スタイリスト判治ミホの編集・スタイリング!

スタイリスト的な視点からフォトジェニックなウエディングを提案してきた判治ミホが、ふたりらしいウエディングをつくるための簡単アイデアとヒントをご紹介。
和っぽいイメージを追求してしまうと、ちょっと古臭くなったり、寂しい感じに仕上がってしまうことも。重々しくならない色使いを心掛けて、ベタな和にならないように、少し洋風の要素を取り入れるのが、明るく楽しい「可愛い和」をつくるコツです。

和のテーブル

①抜け感のあるアレンジと花材選びがポイント
可愛い和のテーブル装花

洋風の花材でラフにまとめる装花アレンジ。
実ものや小花で和風の要素をプラスするのが、「可愛い和」を作るいいバランス。

②好みの柄で簡単イメージづくり
千代紙のランチョンマット

敷くだけでテーブルの雰囲気をがらっと変えられるランチョンマット。千代紙なら扱いも簡単で、たくさんある柄から好みのものを探すのも楽しい。

③テーブルコーデのアクセントに使える
手作りのナプキンホルダー

被布ボタンという、七五三の羽織に使う飾りを使ったナプキンホルダー。和風のモチーフを使った手作りでテーブルのアクセントに。

本文引用:
「軽やかにつくる“可愛い和”」のテーブルコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book56

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です