toggle
2016-07-31

ゼクシィアプリ連載「ボタニカル」 判治ミホのwedding story book(43-45)

「ボタニカルで作る大人の知的なテーブルコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book43

スタイリスト的な視点からフォトジェニックなウエディングを提案してきた判治ミホが、ふたりらしいウエディングをつくるための簡単アイデアとヒントをご紹介。今回は“植物”がテーマ。花柄や植物のイラストを取り入れて作るのは、「可愛い」ディスプレーではなく、ちょっと大人なアンティークな雰囲気のテーブル。専門書や標本管瓶など、植物学者の部屋をイメージしました。


ボタニカル1

①ドーム形の花器に閉じ込めた植物が
標本風でユニークなテーブル装花

ガラスドームの中に佇む植物が印象的な装花ディスプレー。ボタニカルアートや専門書も一緒に飾って、博物館や研究室をイメージさせるシュールな装飾に。

②カラーリングを工夫して
花柄のテーブルクロスをシックに使う

「花柄=可愛い」だけじゃない。色使いや生地選びを工夫すれば、花柄のテーブルクロスでも甘くなく、大人っぽい使い方も。アンティークなイメージに持っていけば、新郎も抵抗なく座れる高砂席になります。

③好きな植物を閉じ込めて
そのままギフトにもなる標本管瓶のネームカード

ガラスの瓶に閉じ込められたグリーンとネームカードが採集標本のようで面白い。植物柄のナプキンと共にショープレートに添えれば、ボタニカルなテーマにぴったり。

本文引用:
「ボタニカルで作る大人の知的なテーブルコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book43 


「ボリューム満点の生花をまとうカップルコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book44

生花を身に着けるのは新郎新婦の特権。「花嫁」「花婿」という言葉の通り、お花いっぱいでドレスアップして晴れの日を華やかに盛り上げよう。コーディネートのメインは花飾りと考えて、スーツやドレスはシンプルでナチュラルなものを選ぶと成功しやすい。

 

ボタニカル2

④チャレンジしたい!
生花で作るボリューミーな主役級アクセサリー

生きているお花で作るアクセサりーは、少し上級者向けかもしれませんが、植物の生命力を感じる華やかでダイナミックさがおしゃれ。
デコルテを美しく飾るボリューミーな花飾りがシンプルなドレスと好バランスです。

⑤帽子のような感覚で取り入れる
ウイッグと大ぶりのお花の盛りコーデ

頭半分すっぽり隠れてしまうような生花の盛りコーデには、明るい色みのウイッグと一緒に、帽子感覚で使うと取り入れやすい。メイクは濃くするとくどくなるので、ナチュラル可愛いピュアメイクで。

⑥ブートニアも大きめサイズで
ナチュラルな装いを華やかにドレスアップ

花嫁が生花をたくさん使った盛りコーデなら、隣に立つ花婿のブートニアもボリュームアップして。リネンのナチュラルなスーツに襟飾りのような大ぶりのブートニアが良いバランス。

本文引用:
「ボリューム満点の生花をまとうカップルコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book44 


「サイエンティフィックなディスプレーと植物がテーマのゲストサービス」スタイリスト判治ミホのwedding story book45

「ボタニカル」がテーマなら、植物に関連したゲストサービスを。関連性のあるギフトやおもてなしは、パーティの演出を考えるヒントにもなり、統一感のある空間をつくるのでおすすめ。ディスプレーにはサイエンティフィックな遊び心とオリジナリティーを取り入れて。

ボタニカル3

⑦見た目に華やかでそのまま食せる
エディブルフラワーのウェディングケーキ

食べられるお花「エディブルフラワー」でデコレーションしたケーキは、そのままゲストにサーブできて、ちょっとしたサプライズにも。華やかでうれしいおもてなしに。

⑧フォトプロップスやデコレーションに
紙で作るビッグフラワーを手作り

学校行事や商店街で見掛けるような紙のお花を、サイズや色を変えてちょっと工夫して作ると、こんなにフォトジェニックな大きなお花に。エントランスや高砂席周りの装飾、フォトブースやプロップスなどにぴったり。

⑨イージーメンテナンスな観葉植物を
ディスプレーと一緒にプチギフトに

水やりなどのお手入れが楽な多肉植物やエアープランツ。インテリアとしても優秀なグリーンを花器などと一緒にギフトに。ゲストにも植物のある暮らしをプレゼント。

本文引用:
「サイエンティフィックなディスプレーと植物がテーマのゲストサービス」スタイリスト判治ミホのwedding story book45

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です